包茎手術と亀頭増大手術は関連性はありません

包茎手術を行う際に亀頭増大手術を一緒に勧められることも多いものですが、これを一緒に行っても大きな関連性はないばかりでなく、逆に手術費用が高額になったり、様々なトラブルを招いてしまうなど後悔してしまうことも多いので注意をすることが大切です。

一般的にはこれらを一緒に進める病院はあまり良くない病院であったり、お金儲けを重要視するような体質がある可能性もあるため注意をすることが必要になります。さらに包茎手術を行っても亀頭増大手術を行っていないとまた包茎に戻ってしまうと言われることもあるのですが、これは全く根拠のないものであるため、この言葉に騙されて一緒に手術を行うと後悔をすることも少なくありません。

包茎手術と亀頭増大手術は全く理由が異なるものであり、それぞれ自分が必要であると思った時に行えば良いものとなっています。亀頭増大手術は実際にはあまり意味のないものであるとも言われており、見た目にこだわる面が多いと言う部分もあります。

包茎手術は単独で行った方が良い

包茎手術は単独で行った方が良いと言う考え方もあります。それはしっかりと包茎を治療すると言う意味からすると、同時に亀頭増大手術を行った場合にはその効果がどちらによるものか分からなくなってしまうこともあるためです。

一般的に包茎の場合には様々なトラブルが発生する危険もあるため、できるだけ早く治療を行った方が良いと考えられている部分もありますが、亀頭増大手術は本人やパートナーを満足させる可能性があると言うものでしかないため、その相関性は認められません。しかも、亀頭増大手術を行った場合には包茎手術が効果があったかどうかをわからなくしてしまうと言うデメリットもあるのです。

そのため、包茎手術は単独で行い、必要に応じて後日亀頭増大手術を行ったほうが後悔せずにすみます。さらに費用面でも一緒に行うと高額になることが多いため、病院などではその利益を高めると言う効果がありますが患者にとってはあまりメリットはありません。

まとめ

包茎手術と亀頭増大手術を一緒に行うと後悔すると言うのは、費用面で高額になってしまうことや、手術の効果があまりわからない状態になると言う理由からです。必ずしも全ての人が後悔すると言うわけではありませんが、多くの人は亀頭増大をそれほど求めてはいないため、実際には費用対効果はあまり期待できません。包茎手術は単独で行った方が、その効果を実感することができるほか、同時に登場大手術も単独で行うことで必要に応じて効果が期待できるものとなります。